他社との差別化を図るポイント③~「権威付け」「工場認証」による信頼感醸成

  • 健康食品
  • 2021.01.28

今回は、商品企画開発を行う上での”信頼性醸成”についてのお話です。

目次
1.第三者による評価(権威付け)はなぜ必要?
2.製造工場の認証について
2-1.cGMP適合認証
2-2.健康食品GMP適合認定
2-3.ISO22000認証
2-4.FSSC22000認証
3.まとめ

第三者による評価(権威付け)はなぜ必要?

健康食品の商品LP*では、「著名人の推薦」「医師や管理栄養士のコメント」「顧客満足度No.1」「掲載メディア」紹介が、頻繁に掲載されています。これらは、「第三者(機関)による評価=権威付け」という意味合いを持ちます。
*LP:ランディングページ。検索結果やWeb広告などを経由してサイト訪問者が最初にアクセスするWebページのこと。

すでにブランドが確立している有名企業なら話は別ですが、初めて健康食品を開発していざ販売、となった際に販売者がいくら「商品のここがすごい!」とアピールしてもその良さが十分に伝わらず、ともすれば「怪しい」と思われてしまいがちです。

それらを払しょくするのが第三者による評価、権威付けということになります。商品の良さを十分に消費者に伝え、安心して購入いただくためには、ストーリー性や特許・商標と並んで権威付けや認証などのアピールが重要と言えます。

もちろん、誤解を招くような大げさな表現は逆効果ですし、根拠のない表示は不当表示になる可能性があります。信頼感を醸成するための権威付けが、かえって不信感を募らせないよう十分注意しましょう。

製造工場の認証について

製造工場の認証について

健康食品は直接体内に取り入れる“食品”ですから、その「製造工程が安全かどうか」が、商品選定時に大きく影響します。この懸念を払しょくし、信頼感を醸成するものが製造工場の各種「認証」です。

以下、主だった認証をご紹介します。

①cGMP適合認証

cGMPはアメリカの法規制(FDA Dietary Supplements cGMP)に準じた、第三者による認証規格。ダイエタリーサプリメント(健康食品)の製造、包装、表示及び保管において適切な管理を行うための標準規格で100か国以上で使用されているガイドラインです。国際レベルのより高い水準が求められる品質管理基準となっています。

②健康食品GMP適合認定

健康食品GMPは、①適切な管理組織の構築及び作業管理(品質管理、製造管理)の実施「GMPソフト」及び、②適切な構造設備の構築「GMPハード」による、製品の品質と安全性の確保を図ることを目的としています。

厚生労働省では、健康食品の安全性確保の方策として「錠剤、カプセル状等食品の適正な製造に係る基本的な考え方について」を示しており、原材料の受け入れから最終製品の出荷に至るまでの全工程において、製品の品質と安全性の確保に努めることを推進しています。事業者が自主点検を行い、第三者機関に認証されるとGMP適合認定工場であるということができます。

https://www.jhnfa.org/gmp-0.html(財)日本健康・栄養食品協会
http://www.jihfs.jp/gmpn01.html(社)日本健康食品規格協会

③ISO22000認証

ISO 22000は、「国際標準化機構(ISO)」が、安心・安全な食品を製造するために必要な仕組みとして2005年9月に制定した、食品安全マネジメントシステムの国際規格です。ISO9001の品質管理手法と、HACCPの食品安全分析手法を組み合わせたシステムです。

また、ISO22000は、従来の食品安全関連規格と異なり、工場の食品衛生のみならず、原材料の調達から最終ユーザーまでの表示や情報発信も含めて管理する総合的食品安全対策であると言えます。

④FSSC22000認証

世界食品安全イニシアチブ(GFSI)で承認された食品安全マネジメントシステムに関する国際規格です。ISO22000の内容をベースに衛生管理など前提条件プログラムについてより具体的に手法を設定しています。また、アレルゲンの管理や製品のラベル付けなど食品安全対策等についても、追加要求事項で補強しています。

まとめ

いかがでしょうか。他社との差別化を図る上で、第三者による権威付けや、製造工場の認証などは有効なアピールとなります。

東洋新薬では業界トップクラスの工場認証の取得を始め、インフォームド・チョイスなどの新たな取り組みも進めています。商品企画でお悩みの際は、ぜひお気軽に東洋新薬までお問い合わせください。

関連情報

関連記事

人気記事ランキング
お役立ち資料一覧を見る
サービス案内

お問い合わせ
株式会社東洋新薬

株式会社東洋新薬