みずみずしくうるおい続く 日焼け止めOEM「ノンケミUV」三相乳化を用いたお肌に優しい日焼け止め みずみずしくうるおい続く 日焼け止めOEM「ノンケミUV」三相乳化を用いたお肌に優しい日焼け止め
すぐに商品化可能!
オススメOEM/ODM商品紹介

日焼け止めOEM
「ノンケミUV」とは

POINT

界面活性剤
不使用

三相乳化法*を用いた、
界面活性剤を
使用していない
日焼け止めです。

被膜剤
不使用

ウォータープルーフの
被膜剤を使用せずに
汗や水を弾く
ユニークな処方。

紫外線吸収剤
不使用

ノンケミ
(紫外線吸収剤不使用)で
SPF50+,PA++++ の
国内最高値。

夏でも快適

O/W(オイルinウォーター)
みずみずしい
軽いつけ心地で、
夏でも快適。

どなたにでも

お子様から大人まで、
どなたにでも
お使いいただけます。

*三相乳化法とは
三相乳化法(Three-phase emulsification)は、神奈川大学の特許技術です。
(特許第3855203号 『乳化分散剤及びこれを用いた乳化分散方法並びに乳化物』)2020年10月21日~30日にオンライン開催された 「IFSCC Congress 2020 Yokohama」(第31回 国際化粧品技術者会連盟 横浜大会)において、日焼け止めやファンデーションに於いて良好な使用感、また高い機能性の両立を実現できると発表されました。

界面活性剤は時に肌への刺激物質となる可能性もあり、肌を刺激から守るバリア機能にダメージを与えてしまう恐れがあります。そんな界面活性剤を使わなくても水を油を繋ぎ合わせる画期的な技術が大学発で発明されました。
それが、神奈川大学が発明した乳化技術「三相乳化法(Three-phase emulsification)」です。

界面活性剤を使わない「三相乳化法」モイスチャーナノ粒子による乳化
本商品開発のお問い合わせはコチラ
資料ダウンロード

タイプ
日焼け止め」の特長

界面活性剤不使用で水をはじく
Features 01

使
はじく!

一般的な日焼け止めは汗や水ですぐに流れ落ち、1日に何度も塗りなおす必要があります。
その原因は、界面活性剤にあります。
水と油をつなぎ合わせる役割の界面活性剤入りの日焼け止めは汗や水ともなじみやすく、 時間と共に流れ落ちてしまうのです。
界面活性剤不使用、三相乳化法を採用したこの日焼け止めは、 肌に留まることで紫外線防御効果はもちろん、 肌への保湿効果を持ちながら水や汗をはじく、優れた1品です。

真夏でもみずみずしい、さっぱりした使い心地
Features 02

真夏でも
さっぱりした使い心地

最初に誰もが驚くのは、そのみずみずしい使い心地。
三相乳化法を採用したこの日焼け止めは、一般的な界面活性剤を使用した処方と比べみずみずしく軽い使い心地が特長。
真夏のけだるい不快な時期でも、ベタつかず快適に塗布できます。

ノンケミなのに日本最高値 SPF50+,PA++++を実現
Features 03

なのに
SPF50+,PA++++実現

三相乳化法はO/W(オイル in ウォーター)にも関わらず紫外線吸収剤不使用のノンケミ処方で、 日本最高値の SPF50+,PA++++ 。

持続可能な開発目標 sDGS(エスディージーズ)

近頃は肌への優しさに加え、珊瑚に影響する海洋汚染防止の観点から、ノンケミ処方の選択がトレンドとなっています。

※中国の一般貿易に適した処方もご用意しております。

本商品開発のお問い合わせはコチラ
資料ダウンロード

よくある質問

商品開発から納品までどれくらいの期間で出来ますか?
容器にもよりますが、デザイン決定後から最短3か月で納品できます。
他社の開発事例を教えてください。
お子様向け商品、またやさしさのイメージ重視のお客様にご採用頂いております。
SPF試験は改めて必要でしょうか?
SPF試験済みの処方から商品化する場合は試験不要です。
本商品開発のお問い合わせはコチラ
資料ダウンロード

関連情報

無料 三相乳化法のご紹介

神奈川大学が発明した界面活性剤を使わない乳化特許技術と化粧品への活用例をご紹介します。

とは

エビデンスに基づいた付加価値の高い健康食品・化粧品・医薬部外品を提供健康食品・化粧品のODMメーカーとして第一線を行く東洋新薬は世界中の人々に、
健康と美の様々な選択肢をご提案できるよう、製品、サポート、エビデンス等のあらゆるシーンで、
既成概念にとらわれない究極の品質―『HIGH-END VALUE』を追求し、
多くの方々の期待と信頼に応えています。

お問い合わせ
株式会社東洋新薬

株式会社東洋新薬