「製造キャパシティ」とは?どんな時に問題?~EC・通販商品ODM/OEM先の選び方

  • 2021.06.11

今回は、EC・通販サプリメントやコスメ(化粧品)のODMやOEM先を選ぶにあたって、意外と見落としがちな「製造キャパシティ」についてご紹介します。

これから新たにEC・通販ビジネスをスタートしようという方、すでにEC・通販ビジネス運営されていてサプリやコスメの新商品を企画している方、これからODM/OEM先を選ぶという方に、ぜひ知っておいていただきたいお話です。

目次
1.製造キャパシティとは
2.製造キャパシティはどこでわかる?
3.製造キャパシティが問題になるのはどんなとき?
3-1.事例1)
3-2.事例2)
4.製造キャパシティを増やせるODM/OEM先がある?
5.まとめ

製造キャパシティとは

製造キャパシティとは、日本語で言えば「生産能力」。
工場の各種設備をフル稼働したときの生産能力を示す「生産能力指数」により測られます。

一口に「健康食品・化粧品のODM/OEMメーカー」と言っても、保有する設備の種類や規模、性能も違えば、工場の操業時間も8時間~24時間とさまざま。製造する商品のカテゴリや剤型によっても、その製造キャパシティは大きく変動します。

無料EC・通販で「売れる商品」を開発する! 7つのポイント

製造キャパシティはどこでわかる?

健康食品・化粧品ODM/OEMメーカー各社は、サプリやコスメの製造についてこうした「製造キャパシティ」をウェブサイトなどで公開していることはほとんどありません。

これは別に隠している訳ではなく、たとえば「錠剤のサプリメント1万袋を製造する」としても、錠剤の大きさや1袋に何粒入りかなどにより、大きくその生産能力値が異なり、一概に言えないからなのです(中には自社工場を持たないファブレスメーカーも存在するのでご注意を)。

「設備の製造能力」として数値を公開するODM/OEMメーカーもありますが、これだけで単純比較はできません。サプリメントもコスメも複数の工程を経ますから、工程ごとの設備能力だけを見ても総合的なキャパシティはわかりません。また、製品の処方によって時間がかかることだってあります。

したがって、製造したい商品の正確なキャパシティは、ODM/OEMメーカーに問い合わせるしかありません。

製造キャパシティが問題になるのはどんなとき?

とはいえ、普通に通販ビジネスを行う上でODM/OEMメーカーの「製造キャパシティ」が問題になることはほとんどありません。見積を依頼する際におおよそのキャパシティ(発注から納品までの期間)を確認しておけば、心配ないと思ってよいです。

ただし、スタートアップ企業や、新商品の立ち上げ時には注意が必要です。特にEC単品通販モデルの企業は、広告が「当たる」と一気に新規獲得が拡大します。その際は、このODM/OEMメーカー(製造依頼先)の「製造キャパシティ」が大きな問題となります。

事例1)

EC通販企業が新商品のOEM先を検討し、コンペをした。製造キャパシティの低いA社と高いB社がエントリー、A社の方が金額が安かった。販売が拡大した際のシミュレーションではB社が安いものの、当初金額の安いA社にOEM製造を委託して、販売を開始した。

ところが販売が予想以上に好調で、A社に増産を依頼したが「キャパオーバー」を理由に大ロットに対応できなかった。販売チャンスを逃し、見込んだ利益を出せず、委託先をB社に変更せざるを得なくなった。その結果、初期費用が二重に発生し、開発時間も余計にかかってしまった。その後は順調に販売が拡大し、製造キャパシティにも問題はなく、安定供給を続けている。

事例2)

製造キャパシティの低いA社で開発し、販売が好調だったため無理を言ってA社に大ロットでの生産を依頼。何とか製品はできたものの、無理な生産で品質にブレが生じ、クレームが増えた結果、あっという間に売れなくなってしまった。

無料EC・通販で「売れる商品」を開発する! 7つのポイント

製造キャパシティを増やせるODM/OEM先がある?

広告が「当たり」、急に発注量を拡大したい時。ODM/OEMメーカーの反応は大きく2つ。

「製造キャパシティを超える製造はできません」という反応を示すことがほとんどでしょう。
しかし中には、「大丈夫です、製造できます」という頼もしいODM/OEMメーカーもあります。

その場合、実際にどのように対応するのか、確認することをオススメします。「残業して製造します」「休日出勤で対応します」「他社とアライアンスを組んでいるので大丈夫です」など、ODM/OEMメーカー側の対応策はさまざまです。

まとめ

いかがでしょうか。EC単品通販では広告が「当たる」と一気に販売が拡大します。SNSの発信をきっかけに「バズり」、急激に注文が増えることもあります。その際「製造キャパシティ」不足を理由に欠品し、消費者の信頼を失うことは避けなればなりません。

ビジネスの成功のためには、いざというときに「製造キャパシティ」を高めてくれるODM/OEMメーカーと付き合っておくことが重要なのです。

東洋新薬ではこれまでに多くの成功した通販企業の健康食品や化粧品・医薬部外品のOEM/ODM製造をお任せいただいています。キャパシティについても、ぜひお気軽にご相談ください。

無料EC・通販で「売れる商品」を開発する! 7つのポイント

商品開発に携わってきた東洋新薬の視点から、過去実際に「売れた商品」に共通した7つのポイントを、ご紹介します。

関連記事

タグ一覧
人気記事ランキング
ダウンロード資料一覧を見る
製造開発サポート

売れる!化粧品・健康食品の開発なら
東洋新薬にお任せください

化粧品・健康食品のODM/OEMメーカーとして第一線を行く東洋新薬が、
お客様のご要望に合わせ、企画開発から商品設計・製造・生産までトータルサポートします。

お問い合わせ
株式会社東洋新薬

株式会社東洋新薬