ダウンロード資料

商品開発担当者向け 機能性表示食品届出の「3つの壁」~事例から見たその回避術

「機能性表示食品」の開発において、機能性関与成分が決まったとしても、消費者庁に届出・受理されるまでには、さまざまな「壁」が存在します。

東洋新薬は、機能性表示食品の届出245件、ダブル関与成分10件、トリプルヘルスクレーム19件の届出実績を有しています。また、届出から受理までの実績も平均103日と、スピードには自信があります(2021年5月31日時点。お客様による届出のサポートおよび自社届出含む)。

この資料では、具体的な事例を交えて「機能性表示食品の届出においてぶつかりやすい『3つの壁』と、その回避術」をご紹介します。

内容

01 「差別化商品開発」の壁 事例①
02 「機能性関与成分 分析」の壁 事例②
03 「届出に対する不備指摘」の壁 事例③
まとめ