健康診断の数値でわかる?動脈硬化の防ぎ方

  • 2021.07.05

前回、動脈硬化が脳梗塞や心疾患につながるリスクと発症のメカニズムについて「実は怖い動脈硬化 メカニズムと関連疾患について」の記事でご紹介しました。動脈硬化は自覚なしに進み、血管の検査はまだ一般的には受けられません。そこで今回は、身近な健康診断の数値から動脈硬化のリスクを知る方法をご紹介します。

目次
1.動脈硬化とは?
2.動脈硬化の危険因子と心疾患の関係
2-1.LDLコレステロール
2-2.血圧
2-3.血糖値
3.まとめ

動脈硬化とは?

動脈硬化とは「血管内が狭くなり、また通常はしなやかな血管が厚く・硬くなった状態」のこと。詳しくは「血管内へのプラーク(コレステロールをはじめとした脂質の塊)の形成と、動脈壁の肥厚・硬化が生じている」症状です。

動脈硬化の発端は、血管内皮細胞という血管の一番内側にある細胞の障害が原因と言われています。血管内皮細胞が傷つくと内膜にコレステロールの沈着を引き起こし、これが蓄積することで徐々に血管内が狭くなり、さらには血栓ができて血管をつまらせ動脈硬化となり、結果として心筋梗塞や脳梗塞などの重篤な疾患を引き起こします。

このような血管の変化は無症状で進行するため、その危険因子が何なのかを知っておくことが、非常に大切なのです。

ちなみに血管は内膜・中膜・外膜の3層で形成されています。動脈硬化はその発症部位から内膜に生じる「アテローム性(粥状)動脈硬化症」、中膜に生じる「中膜硬化症」といったタイプがあり、これらはお互いに関連しながら動脈硬化を形成していると言われています1)2)

動脈硬化の危険因子と心疾患の関係

心筋梗塞や脳梗塞などにつながる動脈硬化の発症因子は脂質異常症、高血圧、糖尿病、喫煙・加齢・肥満などさまざまありますが、中でも「脂質異常症」「高血圧」「喫煙」が3大危険因子といわれています1)

以下のグラフは、「高血圧(収縮期血圧)」「脂質異常(血清コレステロール値)」「喫煙」「血糖値(耐糖能低下)」と心疾患の発症数の関係を調べた、アメリカの調査結果です3)。同じ危険因子をもっていても血圧が高い方が、また同じ血圧でも危険因子の数が多い方が、心疾患リスクが高まることを示しています。

40歳女性の収縮血圧別にみた心血管疾患発症の危険度

日本でも「コレステロール」「血圧」「血糖」はメタボリックシンドロームの診断基準です。また、これらが健康診断で広く検査されているのは、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす動脈硬化の危険因子だからなのです。

では具体的に、どの程度になったら危険なのでしょうか?各検査項目と診断基準値を紹介します。

LDLコレステロール

LDLコレステロール(LDL-C)は、その値が高くなるほど狭心症や心筋梗塞の発症率・死亡数が上昇するといわれ、下表のような診断基準が設定されています4)

コレステロールは脂肪で水に溶けにくいため、血液中ではリポ蛋白と呼ばれる蛋白質と結合した状態で存在しています。LDLはこのリポ蛋白の一つで、LDLと結合したコレステロール(LDL-C)は血管をはじめとした全身の細胞へコレステロールを運搬する働きがあります。そのため、LDL-Cが高ければ高いほど、血管内部に蓄積されるコレステロールが増えるので、その結果、血管が狭まったり、血管内皮細胞と呼ばれる血管の内側の細胞を傷つけたりするのです。つまりLDL-Cが高ければ高いほど動脈硬化のリスクが高まり、これがLDL-Cが「悪玉コレステロール」と呼ばれる理由です5)6)

血圧

血圧は高血圧や狭心症・心筋梗塞、脳梗塞などの心臓・血管系疾患の危険因子として非常に有名です。
下表のように、疾病の診断基準が設定されています7)

血圧とは血管にかかる圧力のこと。血圧が高くなると血管は常にその負荷にさらされるため、血管内皮細胞を傷つけてしまいます8)。そうなるとコレステロールが血管内皮細胞に沈着しやすくなり、血管が狭くなり、さらに血圧が上がりやすくなる悪循環に入り込み、動脈硬化がどんどん進展してしまうのです。

血糖値

血糖値といえば「空腹時血糖値」と「HbA1c」が健康診断でもよく目にする数値です。「HbA1c」とは、血液中に存在するヘモグロビンとブドウ糖が結合したもので、およそ2か月間の血糖コントロール状態を反映する指標です。

糖尿病の診断には「空腹時血糖値が126 mg/dL以上、またはブドウ糖負荷試験(OGTT)2時間後の血糖値が200 mg/dL以上、またはHbA1cが6.5%以上」が基準とされています。 
注意すべきなのは、正常と判断されるには「空腹時血糖と2時間後血糖値の両方が基準値を満たすこと」であり、片方でも基準を超えた場合は正常とはみなされません5)9)

糖尿病になると慢性的に血糖値が高い状態が続き、高血圧と同じように血管内皮細胞を傷つけ、コレステロールの沈着を引き起こすことで動脈硬化を促進してしまいます。

また空腹時血糖値が正常域であっても食後の血糖値だけが上昇する「食後高血糖」であると、同様に心筋梗塞などの発症を高めてしまうといわれています10)。食後高血糖はブドウ糖負荷試験やHbA1cの数値で推測でき、HbA1cが5.6%を超える場合は食後高血糖が疑わしいとされるので注意が必要です。

まとめ

いかがでしょうか。健康診断でわかる「コレステロール」「血圧」「血糖値」の意味と、それらの数値がどのように動脈硬化と関係するのかを理解いただけたでしょうか。繰り返しになりますが動脈硬化は重篤な症状につながる危険な状態でありながら、自覚症状なしに進行します。

健康診断で測定される自身の検査値を観察して、問題がある場合は早期対処に努めましょう。
血管対策の商品開発のことなら、東洋新薬へお問い合わせください。

<出典>
1) 国立循環器病研究センター 循環器病情報サービス[21]
2) 小川哲也、[総説]循環系の基礎と臨床 (6)動脈硬化-病因と慢性腎臓病の関与、東京女子医科大学雑誌、87(6)、2017.
3) Kannel WB. Risk factors in hypertension. J Cardiovasc Pharmacol.,13(Suppl.1);S4-10,1989.
4) 動脈硬化性疾患予防ガイドライン2017年版
5) 厚生労働省 e-ヘルスネット
6) 国立循環器病研究センター 循環器病情報サービス[37]
7) 高血圧治療ガイドライン2019年版
8) 田中君枝、佐田政隆、動脈硬化研究の新たな展開、化学と生物、54(10)、2016.
9) 糖尿病の分類と診断基準に関する委員会報告(国際標準化対応版)、糖尿病、55(7)、2012.
10) 国立循環器病研究センター 循環器病情報サービス[48]

無料EC・通販で「売れる商品」を開発する! 7つのポイント

商品開発に携わってきた東洋新薬の視点から、過去実際に「売れた商品」に共通した7つのポイントを、ご紹介します。

関連記事

タグ一覧
人気記事ランキング
ダウンロード資料一覧を見る
製造開発サポート

売れる!化粧品・健康食品の開発なら
東洋新薬にお任せください

化粧品・健康食品のODM/OEMメーカーとして第一線を行く東洋新薬が、
お客様のご要望に合わせ、企画開発から商品設計・製造・生産までトータルサポートします。

お問い合わせ
株式会社東洋新薬

株式会社東洋新薬