若い世代にも人気? 拡大を続ける青汁市場

  • 2020.10.29

「青汁」と聞いて、どんなイメージをお持ちでしょうか?「お年寄りが飲むもの」「にがくてマズイ飲み物」…まだまだそんなイメージを持つ方が多いのではないでしょうか。今回は、そんな青汁にまつわるイメージを変えるお話です。

目次
1.そもそも青汁って?
2.マズくない青汁が続々登場?女性や子供向け市場も拡大中
3.まとめ

そもそも青汁って?

実は、青汁の定義は明確ではなく、「緑黄色野菜を絞って作られる健康食品の俗称」です。

青汁に「にがい、マズい」というイメージが定着したのは、皆さんもご存知のアノ有名なCMがきっかけですが、もう一つ理由があります。それは、青汁が普及し始めた当時は、「ケール」というアブラナ科の野菜を原料にした商品が多かったのです。ケールはビタミンC、E、Kなどを豊富に含む栄養価の高い緑黄色野菜。しかしながら青臭さとえぐみが強く、「この苦みがイイ」と一部の方には好まれるものの、一般的には苦手とする方が多かったのです。

ところが、最近の青汁は「ケール」よりも「大麦若葉」を主成分とした商品が増えています。「大麦若葉」青汁のシェアはなんと7割近く。「ケール」は1割にも満たないのです。

「大麦若葉」は、その名の通りイネ科オオムギの若葉部のこと。これを乾燥、微粉砕加工した機能性食品素材が「大麦若葉末」と呼ばれます。食物繊維、ビタミン、ミネラルなどの栄養素を豊富に含んでいて、「ケール」に比べてにおいや味のくせが少ないのです。

加えて、さまざまな商品開発の成果もあり、最近では以前に比べ、飲みやすく、おいしい青汁もたくさん市場に登場しています。

無料コロナ禍で市場拡大? 市場データと事例から見る「青汁」商品開発のヒント

マズくない青汁が続々登場? 女性や子供向け市場も拡大中

健康志向を追い風に拡大を続ける市場を狙って、メーカー各社は「おいしい、飲みやすい」青汁商品を続々と投入しています。

アサヒグループ食品「フルーツ酵素青汁」は20~30代女性をターゲットにした商品。国産の「大麦若葉」と「ケール」をベースに、ヒアルロン酸やポリフェノールが豊富な「アサイー」などの成分を加えて、粉末状にした商品です。

「お~いお茶」で有名な伊藤園も大麦若葉を主体に、お茶感覚で飲める「ごくごく飲める 毎日1杯の青汁」と「毎日1杯の青汁 無糖」を発売。青汁未経験者や若年層の取り込みを進めています。

永谷園は子どもの成長に大切な鉄分を配合し、粉末の青汁を牛乳で割って子どもでも飲みやすくした「子供と一緒においしい!フルーツ青汁」を、アノCMで青汁を一躍有名にしたキューサイも、山田養蜂場のハチミツを使った「はちみつ青汁」、コカ・コーラボトラーズジャパンと「ミニッツメイド おいしいフルーツ青汁」を共同企画したりして、幅広い層への浸透が図られています。

そして、すっきりとしたフルーツ風味で話題になった青汁は、飲みにくいイメージのあった青汁を若い女性向けに飲みやすいものにし、サブスク型のダイエット訴求商品として、大いに健康食品市場をにぎわせました。最盛期には年間で累計1億杯以上も売れたという情報もあり、大きなブームとなったことが分かります。

これらの商品に共通するポイントは、もともと健康志向の高まりで人気があった青汁を、

  • 女性向け、子供向けに飲みやすいテイストにしてターゲット層を広げた
  • パッケージデザインもカワイイ、キレイなテイストにして市場を広げた
  • 女性向けではダイエットしている女性のニーズにマッチしてさらに注目を集めた

などの、商品企画にあると言えるでしょう。

まとめ

いかがでしょうか。いまだ根強い人気の青汁市場についてご理解いただけたでしょうか?

青汁の商品開発でお悩みの方は、ぜひお気軽に東洋新薬までお問い合わせください。
新たな青汁ブームに一緒に火をつけましょう。

無料コロナ禍で市場拡大? 市場データと事例から見る「青汁」商品開発のヒント

コロナ禍でも好調な青汁市場。市場データから消費者のニーズを捉え、商品開発に役立つポイントをご紹介します。

関連記事

タグ一覧
人気記事ランキング
ダウンロード資料一覧を見る
製造開発サポート

売れる!化粧品・健康食品の開発なら
東洋新薬にお任せください

化粧品・健康食品のODM/OEMメーカーとして第一線を行く東洋新薬が、
お客様のご要望に合わせ、企画開発から商品設計・製造・生産までトータルサポートします。

お問い合わせ
株式会社東洋新薬

株式会社東洋新薬