40代・50代のスキンケア~美肌を保つエイジングケア「美容液」と「表情筋トレ」

  • 2021.05.25

40~50代になると毎日スキンケアをしていてもシワ、たるみなどのエイジングサインが目立ち、「全然良くならない・・・」とスキンケアを次々に変え、試される方も多いのではないでしょうか。

40代から現れ始める肌の変化には、女性ホルモンの分泌量の低下が大きく関係しています。

今回は、ミドルエイジ向け化粧品開発のヒントとして「女性ホルモンの分泌量と肌の関係」と「効果的なエイジングケア」をご紹介します。

目次
1.女性ホルモンの分泌量と、肌老化の関係
2.効果的なエイジングケア
2-1.保湿をベースに、気になる部分には美容液をプラス
2-2.表情筋トレーニングで上げて引き締め
3.まとめ

女性ホルモンの分泌量と、肌老化の関係

女性ホルモンのひとつである「エストロゲン」は女性の卵巣でつくられ、女性ならではのカラダの仕組みをコントロールしています。しかし、40歳を過ぎると、卵巣機能の低下によりエストロゲンの量が、徐々に減少していきます。

エストロゲンが減少すると、さまざまな体の不調が現れ、慢性的な体調不良や情緒不安定など、身体だけでなく精神面にも影響が出てきます。肌老化もその1つです。

エストロゲンは皮膚機能(皮膚の弾力性、皮膚の保湿能 など)に影響を与え、皮膚老化(乾燥、しわ、たるみ など)にも関与しています。

エストロゲンの減少に伴い、肌のハリを保つコラーゲンやエラスチンの弾力性と量が失われ、シワやたるみが目立ちやすくなります。また、皮膚・粘膜を保護し、うるおいを保つ働きが弱くなり、肌が乾燥しやすくなります。

無料EC・通販で「売れる商品」を開発する! 7つのポイント

効果的なエイジングケア

保湿をベースに、気になる部分には美容液をプラス

肌の乾燥はあらゆる肌トラブルの元になるため、ベーシックケアでは保湿を徹底することが大切。これまで「化粧水」や「乳液」だけに頼っていた方は、「美容液」も取り入れましょう。

美容液には美容成分がたっぷり入っており、お肌のエイジングケアにはもっとも効果的です。

「しわ改善」効能を持つ美容液(医薬部外品)なども発売されていますので、気になる部分に取り入れるのもオススメ。軽くマッサージしながら塗布すると、より効果的です。

また、しわの最大の原因である「紫外線対策」を怠らないことも大切です。
紫外線は1年中降り注いでいるので毎日、日焼け止めをしっかりつけましょう。

表情筋トレーニングで上げて引き締め

健康を保つには定期的な運動が欠かせません。
でも「顔の運動」を行っている人は少ないのではないでしょうか?

いつも笑顔でいるシニアの方の肌が若々しく見えるのは、きちんと表情筋を使っているから。筋肉は年齢に関係なく、きちんと動かせばその力を取り戻すことができます。

さらに、表情筋をうまく使えるようになると、自然な笑顔ができるようになり、豊かな表情を作り出すことができます。顔つきや表情を改善するためにも、表情筋トレーニングを毎日のケアに取り入れましょう。

参考記事:日経xwoman「ほうれい線が薄くなる 表情筋を鍛える顔筋トレ」
https://aria.nikkei.com/atcl/cc/nh/100300008/050100025/

まとめ

いかがでしょう。エイジングケアは外側(スキンケア)からのケアだけでなく、表情筋エクササイズなど内側からのケアも大切。何よりも早めのケアが10年後の肌を大きく左右します。ぜひ、みなさんもお試しください。

巣ごもりでカラダと向き合う時間が増え、お肌のエイジングケアには注目が高まっています。こうした消費者ニーズを捉えた商品開発のことなら、東洋新薬までお問い合わせください。

無料EC・通販で「売れる商品」を開発する! 7つのポイント

商品開発に携わってきた東洋新薬の視点から、過去実際に「売れた商品」に共通した7つのポイントを、ご紹介します。

関連記事

タグ一覧
人気記事ランキング
ダウンロード資料一覧を見る
製造開発サポート

売れる!化粧品・健康食品の開発なら
東洋新薬にお任せください

化粧品・健康食品のODM/OEMメーカーとして第一線を行く東洋新薬が、
お客様のご要望に合わせ、企画開発から商品設計・製造・生産までトータルサポートします。

お問い合わせ
株式会社東洋新薬

株式会社東洋新薬