「糖化」はもう古い?これから?~アンチエイジングの重要キーワード

  • 2020.11.30

今回は「酸化」と並び美容業界、アンチエイジングのキーワードとして脚光を集める「糖化」について、ご紹介します。

目次
1.「糖化」とは?「酸化」との違い
1-1.「糖化」の特徴
2.「糖化」ブームは過去のもの?もう古い?
3.「糖化」のこれから~関連成分の紹介

「糖化」とは?「酸化」との違い

「糖化」という言葉をご存じでしょうか?

「酸化」なら聞きなじみがあるかもしれません。「酸化」とは、酸化して金属が錆びる現象のように、「身体に存在する酸素が活性化して活性酸素となり、各組織を傷つけてさまざまな不調の原因となる現象」を指します。そして、それを抑えることが「抗酸化」です。

「糖化」とは、糖とタンパク質が結合して起こる現象であり、酸化の「錆び」に対して糖化は「焦げ」と称されます。

「酸化」も「糖化」も老化によって起きる現象。アンチエイジングのキーワードとして注目が集まっているのです。

「糖化」の特徴

糖とタンパク質が結合して起こる「糖化」には、以下の特徴があります。

1) 糖化すると褐変する
2) 糖化すると固くなる
3) 糖化すると水分がなくなる

もともと「糖化」とは1912年、LC Maillardがタンパク質の構成物質であるアミノ酸と糖を加熱すると褐色の色素が生成することを発見したことから「メイラード反応」として知られるようになりました。

「2日目のホワイトシチューが茶色くなる」「炊いたご飯は日数が立つと黄色く固くなる」のも「糖化」によるもの。肌で起こる現象も同じです。

「糖化」は身体の中に糖分が多い、また紫外線によっても起こり、肌、特に顔に起こりやすい現象です。肌が黄色くくすむ、肌が固くなる、乾燥するなどは、すべて「糖化」で説明できます。そのため、美容業界では「糖化」=肌のアンチエイジングとして注目を浴びるようになりました。

皮膚真皮に存在するコラーゲンは、他のたんぱく質に比べて寿命が長く、長期の高血糖や紫外線暴露で糖化、蓄積しやすい特徴があります。このような日常で起こる現象と肌の糖化がリンクし、2000年前半には大手化粧品会社が「糖化」をコンセプトとした化粧品を次々に販売しました。

またその際、「糖化」は主に高級化粧品のコンセプトとして使われため、抗酸化と比べワンランク上のアンチエイジングのイメージが強くなりました。

「糖化」ブームは過去のもの?もう古い?

「糖化」コンセプトの化粧品が続々と市場に投入されてから20年近くが経過しました。「糖化」は一時的なブームではなく、現在も訴求商品は存在し続けています。

むしろ最近では、中国の方向けの化粧品やインナービューティの健康食品でも「糖化」コンセプトの商品が売れているという話も耳にします。どうしてでしょうか?

「糖化」の原因の一つに「血糖値が高い」ことがあります。食事や運動不足による生活習慣の乱れも大いに影響します。「糖化」は健康食品や化粧品業界では美容のイメージが強いのですが、医学領域では古くから糖尿病の合併症として問題視され、健康の重要因子でもあるのです。

特に私たちアジア圏の人種は血糖値が高くなりやすい特徴があります。遺伝的にも血糖値と密接な関係があり、「糖化」は決して無視できない領域と言えるのです。

無料EC・通販で「売れる商品」を開発する! 7つのポイント

「糖化」のこれから~関連成分の紹介

「糖化はもう古い」との声もありますが、本質的に消すことのできないキーワードです。これを販売視点で考えると、「ワンランク上のアンチエイジングのキーワード」として消費者にベネフィットを与えることができるカテゴリです。

健康食品は、ヘルスクレームが訴求できる機能性表示食品が増加傾向にあります。機能性表示食品でも「糖化ストレス」を届出表示とした『マンゴスチン由来ロダンテノンB』という関与成分があります。

また、そもそものリスク低減のため、血糖値の上昇を抑えることは糖化対策に有効な手段になりえます。血糖値の上昇を抑える機能性表示食品の関与成分は『難消化性デキストリン』や『イヌリン』などの食物繊維、ターミナリア由来没食子酸などの『ポリフェノール』、サラシア由来『サラシノール』などの成分が挙げられます。

化粧品では「シワ対策」の医薬部外品もここ数年、増えてきました。「糖化」と「シワ」も関連性が深いテーマです。

さらに「糖化」は、骨、眼、筋肉、脂肪組織にも影響を与える因子であることがわかっています。

今後、「糖化」をテーマにした商品がどのように展開していくか、楽しみですね。

無料EC・通販で「売れる商品」を開発する! 7つのポイント

商品開発に携わってきた東洋新薬の視点から、過去実際に「売れた商品」に共通した7つのポイントを、ご紹介します。

関連記事

タグ一覧
人気記事ランキング
ダウンロード資料一覧を見る
製造開発サポート

売れる!化粧品・健康食品の開発なら
東洋新薬にお任せください

化粧品・健康食品のODM/OEMメーカーとして第一線を行く東洋新薬が、
お客様のご要望に合わせ、企画開発から商品設計・製造・生産までトータルサポートします。

お問い合わせ
株式会社東洋新薬

株式会社東洋新薬