中国 化粧品・コスメ市場③~一般貿易と越境EC貿易の違いとリスク

  • 化粧品
  • 2021.02.22

中国市場での化粧品ビジネスを検討されている方向けに、中国における化粧品・コスメ市場について解説するシリーズ③の今回は、皆さまの商品をどのような貿易形態で中国に輸出するかというテーマで、「一般貿易と越境EC貿易の違い」についての解説します。

①「中国の化粧品法規、31年振りの大改正」はこちら
②「中国向け商品のパッケージ上で訴求できること、できないこと」はこちら

目次
1.化粧品薬事から見た「越境EC貿易」と「一般貿易」の違い
2.「越境EC貿易」のリスクはゼロなのか?
3.まとめ

化粧品薬事から見た「越境EC貿易」と「一般貿易」の違い

海外ビジネスを検討中のお客様との会話の中で、「まずは越境ECで試して、感触が良さそうなら一般貿易にして展開を拡大します」とか「この商品は一般貿易では難しそうなので、越境ECでいきます」という具合に「越境EC貿易」が話題に上ることがあります。

まずは、「越境EC貿易」と「一般貿易」の違いを、化粧品薬事の観点で解説します。

「一般貿易」の場合、化粧品を中国で通関する際には、商品の登録番号(特殊化粧品:承認番号、普通化粧品:備案番号)が必要になります。このため輸入化粧品は、通関前に商品の薬事登録が完了していなければなりません。

一方、「越境EC貿易」の場合は、化粧品を通関する際に商品の登録番号が必要とされません。このことから結果的に、薬事審査を受けていない商品すなわち薬事登録がなされていない商品であっても、輸入が可能となります。

極端な表現をすれば、中国の化粧品法規制に適合していない商品であっても輸入可能です。例えば、これまでご紹介したパッケージ上で「育毛効能」が訴求されている医薬部外品など、「一般貿易では難しい商品」でも、越境EC貿易では問題なく通関できることになります。

「越境EC貿易」のリスクはゼロなのか?

「越境EC貿易」は薬事上のハードルがなくなる旨の説明をしてきましたが、では「越境EC貿易」なら何もリスクがないのでしょうか? 結論から言えば、リスクはゼロではありません。

では、どのようなリスクがあるかと言えば、その商品を購入された消費者が皮膚トラブルなどの健康被害を受けた場合、損害賠償請求などの民事訴訟により製造物責任を問われる可能性がある、ということです。ただし、商品の責任者(訴訟上では「被告」)=御社が日本にいることから、直接的な実害は考えにくいでしょう。

なお、この健康被害による損害賠償リスクは「越境EC貿易」に限った話しではなく、当然のことながら「一般貿易」の場合でも発生し得ます。ただ、どのような違いがあるかと言うと、前者は訴訟上の「被告(御社)」が日本にいるのに対して、後者は訴訟上の「被告(境内責任者=御社のパートナー企業)」が中国にいることから、結果的に裁判が起こしやすくなります。

まとめ

いかがでしょうか。今回は「越境EC貿易」と「一般貿易」の違い、「越境EC貿易」のリスクについて解説しました。東洋新薬は、お客様の商品をより早く、そしてより確実に中国市場に上市できるよう、さまざまなルートを通じて中国薬事に関する最新情報を入手しています。

御社の化粧品を中国でビジネスしたいとお考えでしたら、ぜひお気軽に東洋新薬へお問い合わせください。

関連情報

関連記事

人気記事ランキング
お役立ち資料一覧を見る
サービス案内

お問い合わせ
株式会社東洋新薬

株式会社東洋新薬