SDGsの取り組み -サステナブルパッケージという選択-

  • 製造
  • 2021.02.05

SDGsなど、「持続可能な社会」を目指す取り組みに注目が高まっています。
今回は、食品や化粧品における「サステナブルパッケージ」について、事例と導入に際しての注意事項をご紹介します。

目次
1.SDGsとは
2.「サステナブルパッケージ」事例紹介
2-1.FSC®認証パッケージ
2-2.石油由来から植物由来インクへの切り替え
2-3.プラスチック使用量の削減
3.「サステナブルパッケージ」導入にあたっての注意事項

SDGsとは

近年、何かと目にする機会が増えた「SDGs」。SDGsとは、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に掲げられる、「2030年までに世界が達成すべき17の国際目標」のことです。

いま世界が目指すべき「持続可能な社会への取り組み」は、化粧品における「クリーンビューティ」が支持されることにも表れています。

そして、その動きは化粧品や食品のパッケージにも波及しています。私たちの毎日の生活に欠かせない容器包装だからこそ、持続可能なものを選ぶことが求められます。これらのパッケージを総称して「サステナブルパッケージ」と呼びます。

「サステナブルパッケージ」事例紹介

FSC®認証パッケージ

世界中で森林破壊問題が深刻化する中、適切な森林管理を通して貴重な木材資源を持続させる取り組みとして、責任ある森林管理を世界に普及させることを目的に1994年に設立された国際的な非営利団体がFSC(Forest Stewardship Council®、森林管理協議会)です。

FSCは「適切に管理された森林の木材や、適格だと認められたリサイクル資源を利用した製品に対する認証制度」を設けており、該当する製品には、認証マークを表記することができます。そして消費者がこのFSC認証マークのある製品を購入することにより、環境保全につながる仕組みが構築されています。

容器包装では、商品パッケージやダンボールなどの紙容器にFSC認証資材を使用することができます。

FSCロゴ

石油由来から植物由来インクへの切り替え

2020年12月、印刷業界大手の大日本印刷株式会社(DNP)は食品や日用品の包装材に使うインクを植物由来に全面切替することを発表しました。*1石油由来原料を使用した通常のインキと比べ石油使用量を削減できるほか、温室効果ガスの排出量を削減することが可能となります。インクだけではなく、材質に植物(サトウキビ)由来の原料を一部使用した「バイオマスPET」の開発も各社が注力しており、こうしたものを併用により環境への負荷低減が期待できます。

*1)軟包装用グラビアインキをバイオマスインキに切り替え – 大日本印刷株式会社
https://www.dnp.co.jp/news/detail/10159007_1587.html

インキや材質によって、環境に配慮していることを示すマークを表記することができます。

プラスチック使用量の削減

日本コカ・コーラ株式会社が販売するミネラルウォーター「い・ろ・は・す®」は2009年に発売された当時、ボトルの軽量化に成功したことで話題を集めましたが、更に2020年3月からは100%リサイクルペット素材を用いた「い・ろ・は・す 天然水 100%リサイクルペットボトル」を、全国で発売。*2使用済みペットボトルをリサイクルし、また新たなペットボトルへ生まれ変わらせることで、資源を最大限活用することができます。

*2)い・ろ・は・す 天然水、これからは、100%リサイクルペットへ! – 日本コカ・コーラ株式会社
https://www.cocacola.co.jp/stories/sus_ilohas_200303

味の素グループは2030(令和12)年を目途に、グループでプラスチックの廃棄をゼロにする目標を掲げています。*3すでに「ほんだし®」スティック包材で使用するプラスチック量を削減しており、重量の大きい材質を記載するリサイクル識別マークは「プラ」から「紙」に変更されています。

*3)プラスチック廃棄物削減 – 味の素株式会社
https://www.ajinomoto.co.jp/company/jp/activity/keyword/plastic_waste.html

「サステナブルパッケージ」導入にあたっての注意事項

SDGsに賛同し、持続可能な社会づくりに取り組む企業としては、すぐにでも取り入れたいものばかりですが、「サステナブルパッケージ」導入には、いくつかの注意事項があります。

【コスト】
・材質やインキによっては、資材コストが上がるものがある。

【色】
・インキの色が制限される可能性がある。

【材質】
・例えば食品に直接触れる包材に使用できないなど、使用箇所が制限される場合がある。

【スケジュール(リードタイム)】
・各種認証手続きのため、発注~製品納入までのリードタイムが長くなる場合がある。
・リサイクルPETやバイオマスPETなど資材手配に時間がかかる場合がある。
・仕様によっては製造設備適性の検証を実施する必要がある。

そのため、商品に「サステナブルパッケージ」を検討する際は、早めにメーカーや委託先に相談しましょう。

関連情報

関連記事

人気記事ランキング
お役立ち資料一覧を見る
サービス案内

お問い合わせ
株式会社東洋新薬

株式会社東洋新薬